個人事業主が使うメールアドレスの例は?作成時の注意点も解説!

この記事はこんな向け
  • 個人事業主のメールアドレスの決め方を知りたい
  • ドメイン名を決める上で注意点を確認したい
筆者プロフィール
すぅ
  • 20代後半の繊細さんブロガー(歴2年)
  • 会社員に生きづらさを感じ、いろいろな副業に挑戦
  • 複数ブログの収益は月6ケタ

個人事業主としてメールアドレスを作るにあたって、どんなメールアドレスにしたらいいのかわからないと感じている方も多いと思います。

今回はそんな方に向けて、個人事業主のメールアドレス作成のコツや注意点について解説します!

目次

個人事業主がメールアドレスを作るメリット

個人事業主として活動する上で、自分だけのメールアドレスを持つことは、やはりマスト。

理由としては、大きく以下のようなメリットがあるからです。

好きな文字列にできる

独自ドメインのメールアドレスは、自分の名前やサービス名など、覚えてもらいやすいものを設定することができます。

たとえば、このサイトのドメインでアドレスを作るとすると、

(例) info○ohitori-beat.com
※○は@

こんな感じ。

@以降を自分のブランドの文字列に設定できるため、フリーメールよりも送信元が明確にわかります。

すぅ

info○ohitori-beat.comは僕しか使えないメールアドレスだから誰もなりすませないのがメリット!

信頼性が上がる

誰が送信したメールが特定できるということは、信頼性にもつながります。

ビジネスでは、機密事項のやり取りをすることがあると思います。

そんなとき、どのドメインのメールが使われているかがわかると、とても安心なのです。

すぅ

ビジネスでは、独自ドメインのメールアドレスを使うことはマナーだよ!

用途別に複数アドレスを作れる

独自ドメインのメールアドレスは、用途別に複数のアドレスを作成することができます。

仕事用、プライベート用、お客様用など、用途に合わせて使い分けが可能。

送信元を明確にしつつ、何個もメールアドレスを作れるのは、フリーメールにはないメリットです。

独自ドメインメールアドレスの構造

独自ドメインのメールアドレスは、以下の3つの要素で構成されています。

  • ローカルパート
    アドレスの最初の部分で、ユーザー名や好きな文字列を自由に設定可能。
  • サードレベルドメイン:
    アドレスの@以降の部分で、自由に設定可能。
  • トップレベルドメイン
     アドレスの最後の部分で、.comや.jpなどが一般的。

また、サードレベルドメインとトップレベルドメインは1度決めると変更できませんが、

ローカルパートは用途に合わせて複数作れるのが、独自ドメインのメールアドレスのポイントです。

個人事業主がメールアドレスを決めるコツ

個人事業主がメールアドレスを決める際には、以下のポイントを参考にすると良いでしょう。

屋号をそのまま使う

シンプルですが屋号をメールアドレスとして設定するのが、一番わかりやすくておすすめです。

  • 〇〇@sakuraya.com
  • 〇〇@tanaka-koubou.com
  • 〇〇@matsumoto-design.com

こんな感じで、屋号を使うと事業の宣伝にもなりますし、個人事業主のアドレスとしては無難です。

すぅ

個人的にはこれが一番おすすめ!

自分の名前を使う

屋号というよりは、自分の名前の方が覚えてもらっている、覚えてほしい、という場合は、名前を設定するのもいいでしょう。

  • 〇〇@tanaka-takeshi.com
  • 〇〇@takeshi-tanaka.com
  • 〇〇@t-takeshi.com
  • 〇〇@takeshi-t.com
すぅ

『-(ハイフン)』以外にも『.(ドット)』『_(アンダーバー)』も設定できるよ!

トップレベルドメインを工夫してみる

一番使われるトップレベルドメインは『.com』です。

とはいえ、トップレベルドメインは、ドメイン取得時にいろいろな候補から選べます。

  • .net
  • .tokyo
  • .xyz
  • .info
  • .art
  • .jp
  • .design など

例えば、デザイン系の業種であれば、『.design』『.art』などで個性を出すのもいいですし、

ネット系の業種であれば『.net』を使うのもいいでしょう。

すぅ

『.xyz』『.info』は、情報商材系の雰囲気が出てしまうから、個人的にはあまりおすすめはしないかも〜

ドメイン取得サービスによって、トップレベルドメインの種類は違うので注意しましょう。

使いやすいメールアドレスのポイント

メールアドレスは、相手に伝えたり、名刺に記載したりする機会が多いので、以下の点に注意して作りましょう!

簡潔で分かりやすい

長すぎるアドレスは、入力するのが面倒なので、簡潔でわかりやすいものにしましょう。

また、メールアドレスは、メールの送受信に使うものではありますが、屋号や名前を売る看板でもあります。

そのためにも、人に覚えてもらいやすい文字列にすることは大切です。

長期的に使えるものにする

人によっては、今後事業内容が変わったり、拡大させていく予定の方もいるかもしれません。

そんな方は、事業内容を全面に押し出すドメインではなく、ある程度幅をとったドメイン名にする方が、長期的に使いやすくなります。

すぅ

イメージしやすいように例をあげるね!

例えば、ライター兼イラストレーターの方のメールアドレスが、「〇〇@tanaka-writer.com」だったとします。

ドメインにwriterを入れてしまうと、イラストレーター業で使うときに違和感がないでしょうか。

このように、事業内容を特定すると、わかりやすい反面使いにくくなる場合があるので、今後の方針も踏まえて作りましょう。

まとめ:自分に合ったメールアドレス名を作ろう!

個人事業主にとって、仕事専用のメールアドレスを持つことは非常に大切。

上記のメリットやコツを参考に、自分にとって最適なメールアドレスを設定しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次